心の放火魔 CHAKKA JITEN(着火辞典)

このブログを読んだ人の心に火が点いて、夢ややりたいことに向かって行動する人を増やすことで、世界を元気にしたい。そんな着火のための辞典のようなブログです。たまに管理人のつぶやきも笑

提出 CHAKKA PJ概要書

人の心に火をつけるなら自分が着火しないととゆーことで、今日は自分の着火の話

 

 今年ももう終わるけど、今年の目標はCHAKKA PJを少しでも進めること!

 

そんな中で、目標に対して今年やったことは

・プログラミングスクールの体験講座を受ける

ベンチャーに無償で働かせて欲しいとアプローチ2件

グロービスのプレゼン講座に通う

ベンチャーへ支援している企業にアプローチしてみる

 

そんな動きをした中で、なんとベンチャー支援している会社の人を通じて、投資家と壁打ち対談の機会(アイデアベースの話を投資家にぶつけることで、アドバイスをもらい、実用的な所まで発展させる)を用意できるかもとの話をもらう。しかも2社それで起業してるそう

 

んー。やってみたいけど、自信なし

でもまさにノーリスクハイリターン。

 

ダメ元で出してみようと思い、担当者に年内に概要書出しますと伝え(自分の性格上、他人との約束は必ず守るので、この方法を選択しました笑)

昨日無事に提出しました!!

 

ここまで行動した自分を褒めてあげよう

 

これがダメでも、作った資料を持って年明けからベンチャー巡りしちゃうもんね(><)

 

バリュミューダ社長の話

この夏にバリュミューダの社長のセミナーに出た時の話

 

この人はとにかく行動力がある人で、高校中退して、スペイン放浪、その後プロのミュージシャンにならも、食べていけず30歳ぐらいで断念。

 

次に何をやろうか考えてモノづくりがしたいと考え、飛びこみで工場回ってモノづくりを教えてもらってオシャレなパソコンの台を作り、そこから紆余曲折あって有名な自然の風に近いという扇風機を作り出したって人。

 

行動力半端ない人

 

30歳で、しかも大学で勉強した訳でもないのにモノづくりをしようと思い、そして何十件もNG受けながら工場回るってどんだけーって感じ

 

まさに何かをやり始めるのに遅すぎることはない。経験も必要ないってのを体現してる人やなーって思った

 

そんな社長に質問する機会があり、夢はあるけど色々考えてしまい行動できません。どうしたら良いでしょうか?と質問すると

 

いいからやれ。夜が明ける前にやれってアドバイスをいただきました。

 

んー。難しい、、

って思っていると、命は有限、時間も有限。こんな恵まれた環境に産まれたのに、しかもやりたいこともあるのにやらないのはもったいないって言われてたしかに!!って思った。

 

地球が生まれて46億年の中で、俺が生きてるのなんて、ほんの一瞬

 

そんな中の80年、90年の寿命なんて一瞬やけど、でもここに生まれてきた意味、使命。そして、その中で見つけた夢。叶えるために行動しよーと思います!

 

すぐにはうまくいくはずない。でも最近聞いた言葉でいいなーって思った言葉。

 

ノーリスクハイリターン。

 

まさに今動くのはノーリスクハイリターンだと思う

 

今年はCHAKKA JITENに向けて準備行動するのが目標だった

 

2019年はCHAKKA JITENを実現し、心の放火魔になってみせます!!

初エピソードいただきました!成長した後輩との再会

グロービスで出会ったFさんから着火エピソードいただきました(><)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

着火日:2018年10月15日(月)


場所:新橋


内容:

仕事終わりにグロービスへ向かう途中、
前方から見覚えのある男性が歩いてきました。


彼は私の2つ下の高校時代の部活の後輩で、
スーツ姿で私の前に現れました。


約6年振りの再会で会話も弾み、
仕事の話になり何をしているのか尋ねると、
現在起業して実業家として働いているようでした。


その会話をしている後輩の姿が非常に輝いて見え
一緒に部活をしていた姿からは到底想像出来ない成長を遂げていました。


ちょうど私自身、自分の人生について考えており、成長したいが今一つやる気が出ないしモチベーションに困っていいたタイミングで、後輩と遭遇し刺激をもらいました。


後輩には絶対負けられない!
まるで高校時代に戻ったかのような感覚が私の中で伝わり、一気にモチベーションがあがったエピソードです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すごい共感しました。もし自分も大学卒業して久々に出会った後輩が起業して、頑張っていたら負けてられるかーって思ってしまいます。

 

でも良いキッカケですよね。人生で起こることは全て意味があると考えると、モチベが落ちていたFさんを見た神様からのプレゼントかもしれませんね。

 

 

 


 

73歳のトライアスリート

5年ほど前にトライアスロンをはじめました!

最近サボり中ですが、、

 

しかし元々25メートルしか泳げず、

しかも25メートル泳ぐと体力を全て使い尽くしてしまう状況でした。

 

このままで少なくとも750メートル泳ぐトライアスロンに挑戦しては、

溺れてしまうと思い、スイムのお試しスクールに通うことにしました

 

そこで出会った73歳のトライアスリートのおじいさん!

この人は何歳からトライアスロンをやられているのか疑問に思い

 

僕「何歳からやられているのですか?」

おじいさん「62歳。定年して何か始めたくてね」

 

えーー!!

62歳からトライアスロン、、、

 

すげえ!と思うと同時に、

人の可能性は自分で決めれる。何歳だからとか、

こういう状況だからできないと思ってしまうのは簡単だけど、

まずは自分ができると思うことが、何かをする時、始めるときに大事なことだと思いました。

 

CHAKKA PJ(着火プロジェクト)を考え始めるキッカケになったエピソードです。

CHAKKA JITEN(着火辞典)始めます!!

今日から開始します!

 

その名もCHAKKA PJ(着火プロジェクト)

 

これは心に火を点けることで、

夢ややりたいことに向かって行動する人を増やすことで、

世界を元気にする!という勝手なプロジェクトです。

 

まず第一弾

CHAKKA JITEN(着火辞典)

これは読んだ人の心に火を点けるためのエピソード集です。

 

ってことでエピソード投稿していきます!

これからよろしくお願いします。

 

 

図で考える。シンプルになる。セミナー

本日『図で考える。シンプルになる。』の本のセミナーに参加してきました。

 

1時間という短い時間ながら、面白かったです。

 

提案書に使えるかなーと思いながら参加してみたのですが、図をうまく使うのは伝えるため、でももっと大事なのは、図を使って伝えるために考えること。

 

そのための整理する方法として図を使う。という話になるほどー!と感心しました。

 

図で表そうと思うと、内容を理解しないとできないですし、図にすることで頭の中を整理できますもんね。

 

その上で伝えることで、きっちり相手に伝えられる。

 

結局一朝一夕では身につくものではないと思うので、これから日々図にすることを癖付けていきたいと思いました。

 

ちなみに出版社のダイヤモンド社は、出版した本の著者のセミナーを無料(本を買うのが条件)でやってくれるのでオススメです^ ^